株式会社メーベル

オフィスデザインについてのコンテンツ

0120-1777-55

携帯・PHSからは06-6951-1036

【大阪】店舗内装工事・リフォームに役立つ店舗デザインのポイントとは

【大阪】店舗内装工事・リフォームに役立つ店舗デザインのポイントとは

column

【大阪】店舗内装工事・リフォームに役立つ店舗デザインのポイントを解説!

店舗デザインは、ただ見た目を美しくするだけではありません。内装工事を考える際、特に店舗デザインはお客様を惹きつけ、売上アップやブランドイメージの向上に大きく貢献する重要な要素です。ターゲット顧客の好みに合わせた空間作りは、顧客満足度を高め、リピーター獲得につながります。また、商品の魅力を引き出すディスプレイや照明を取り入れることで購買意欲を刺激し、売上アップを目指せます。

こちらでは、大阪での店舗内装工事に役立つ店舗デザインのポイントを詳しく解説します。ぜひ最後までお読みいただき、成功する店舗デザインのヒントを掴んでください。

店舗内装工事・リフォームではなぜ店舗デザインが重要なのか?

店舗内装工事・リフォーム

店舗デザインは、ただ見た目を美しくするためだけのものではありません。お客様を惹きつけ、売上アップやブランドイメージの向上に大きく貢献する重要な要素です。

例えば、ターゲット顧客の好みに合わせた空間作りをすることで、顧客満足度を高め、リピーター獲得につながります。また、商品の魅力を引き出すディスプレイや照明を取り入れることで、購買意欲を刺激し、売上アップを目指せます。さらに、洗練されたデザインはブランドイメージを高め、他の店舗との差別化を図るうえでも有効です。

このように店舗デザインは、ビジネスの成功に欠かせない要素といえるでしょう。

アパレル店舗デザインのポイント

アパレル店舗デザインのポイント

店舗のデザインはお客様を惹きつけ、購買意欲を高めるための重要な要素です。こちらではアパレル店舗を例に、店舗デザインで特に重要なポイントをご紹介します。

ブランドコンセプトを表現:ターゲットに響く世界観を

アパレル店舗にとって、ブランドコンセプトを体現した空間は、顧客の心を掴むうえで非常に重要です。ターゲット顧客を明確化し、彼らがどんな空間を求めているのかを深く理解することで、共感を呼ぶ世界観を作り出すことができます。

例えば、落ち着きと高級感を求める大人の女性向けブランドであれば、店内は白やベージュなどの中立色を基調に、間接照明を用いることで落ち着いた雰囲気を演出します。一方、トレンドに敏感な10代向けのブランドであれば、原色を効果的に使用したり、ポップな音楽を流したりすることで、賑やかで楽しい雰囲気を演出します。

このように、ターゲット顧客に合わせた世界観を明確に表現することで、顧客はブランドへの共感を深め、購買意欲を高めることができます。

商品の魅力を引き立てる:照明・ディスプレイ

アパレル店舗では、照明とディスプレイによって、商品の魅力を最大限に引き出すことが重要です。

照明の種類 特徴 効果例
電球色 暖かみのある光 高級感、落ち着いた雰囲気
白色系 明るく鮮やかな光 商品の鮮度、清潔感
スポットライト 集束した光 特定の商品を強調

例えば、ブランドイメージが「高級感」の場合、電球色の照明と合わせて、間隔をあけて商品をディスプレイすると、より商品の魅力が際立ちます。

一方、ブランドイメージが「カジュアル」の場合、白色系の照明と合わせて、マネキンに着せたコーディネートをディスプレイすると、顧客は具体的なイメージを掴みやすくなります。

このように、照明とディスプレイを戦略的に組み合わせることで、顧客の購買意欲を高めることが期待できます。

試着室の快適性:購買意欲を高める空間

アパレル店舗において、試着室は顧客が購買を決める重要な場所です。単に衣服を着用するだけのスペースではなく、顧客が商品をじっくり吟味し、購入したいという気持ちが高まるような快適な空間を提供することが重要です。

例えば、試着室内の広さや照明、鏡の大きさや配置にも気を配る必要があります。広々とした空間で、自然光に近い照明を採用することで、リラックスして試着ができます。また、全身をくまなく確認できる大きな鏡を設置することで、購入後のイメージを具体的に持ってもらうことができます。

さらに、試着室内の装飾や小物を工夫することで、ブランドの世界観を演出し、顧客の購買意欲を高めることも可能です。

店舗デザインを成功させるために考慮すべきポイント

店舗デザインは、ただ見た目を良くすれば良いというものではありません。成功のためには、いくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。

ターゲット顧客の明確化:ペルソナ設定

店舗デザインで失敗しないためには、まず誰に来店してもらいたいのかを明確にする必要があります。

闇雲に内装デザインを決めるのではなく、ターゲットとなる顧客像を具体的に設定することが重要です。顧客の年齢層、性別、職業、ライフスタイル、価値観などを考慮し、詳細な人物像(ペルソナ)を設定します。

このようにペルソナを設定することで、ターゲット顧客の好みに合致した空間を作ることができ、来店を促進、購買意欲を高める効果が期待できます。

明確なコンセプト設定:一貫性のある空間

店舗デザインにおいて、明確なコンセプト設定は非常に重要です。例えば、ターゲット顧客を明確化し、その顧客が求める空間をコンセプトとして設定します。その際、お店のテーマカラーやインテリアのテイスト、BGMなどを統一することで、顧客に一貫したブランドイメージを伝えることができます。

項目 具体的な内容
テーマカラー 暖色系:温かさ、親しみやすさ 寒色系:落ち着き、高級感
インテリア 和風:木材、和紙 洋風:タイル、レンガ
BGM ジャズ:落ち着いた雰囲気 ポップス:明るい雰囲気

このように、コンセプト設定に基づき、空間全体の一貫性を意識することで、顧客の印象に残りやすく、また、再来店を促す効果も期待できます。

専門家の活用:デザイナー・設計事務所との連携

店舗デザインは、ただ見た目を美しくするだけでなく、集客や売上、ブランドイメージに大きく影響を与える重要な要素です。そのため、専門家であるデザイナーや設計事務所と連携することが成功への近道となります。

経験豊富なデザイナーは、お客様の漠然としたイメージを具体的なデザインに落とし込み、空間全体の調和を図りながら、機能性とデザイン性を両立させた理想的な店舗空間を提案してくれます。また、設計事務所は設計だけでなく、予算管理や施工業者とのやり取りなど、店舗デザインのあらゆる面をサポートしてくれるため、お客様の手間を大幅に削減できます。

予算計画:費用対効果

理想の店舗を作るうえで、予算計画は非常に重要です。「効果的な投資」を意識し、予算内で最大限の効果を引き出すことが重要です。

想定される費用

設計費用、内装工事費、設備工事費、備品購入費

コストダウンのポイント

居抜き物件の活用、素材の選定、専門業者への一括依頼

費用対効果を検討する項目

耐久性、メンテナンス性、将来的な変更の可能性

事前にしっかりと予算計画を立て、各項目における費用と効果を比較検討し、最適なバランスを見つける必要があります。例えば、高価な素材を使用することで高級感を演出できる一方で、耐久性やメンテナンス性を重視する場合は、コストを抑えた素材を選ぶことも有効です。

大阪で店舗・事務所の内装工事やリフォームのご相談なら株式会社メーベルへ!

お店の顔となる店舗デザインは、ただ見た目を美しくするだけでなく、お客様を惹きつけ、売上アップやブランドイメージの向上につながる重要な要素です。特にアパレル店舗などは、商品の魅力を最大限に引き出し、お客様の購買意欲を高める空間作りが重要です。ターゲット顧客を明確化し、コンセプトに合わせた空間作りをすることで、お客様に愛されるお店作りを目指しましょう。

株式会社メーベルは、大阪と周辺の近畿圏をメインに、オフィス空間のトータルプロデュースに対応しています。大阪で店舗・事務所の内装工事やリフォームのことなら、お気軽にお問い合わせください。

店舗の内装工事なら大阪の株式会社メーベル

会社名 株式会社メーベル
住所 〒535-0003 大阪府大阪市旭区中宮1丁目1−25
TEL 06-6951-1036
FAX 06-6953-0459
設立 昭和36年12月14日
資本金 2,000万円
代表取締役 寺坂 和倫
営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日 土曜日・日曜日・祝祭日
お車でお越しの方 阪神高速12号守口線城北出口より1分(駐車場ございます)
電車でお越しの方
  • JRおおさか東線城北公園通駅(東口改札)より徒歩10分
  • Osaka Metro谷町線 関目高殿駅(5番出口)より徒歩12分
  • OsakaMetro谷町線 関目高殿駅(4番出口・マクドナルド前)より大阪シティバス<大阪駅前行 83号方面>で旭警察署前下車徒歩1分
  • Osaka Metro谷町線 野江内代駅(2番出口)より徒歩15分
  • 京阪電車 森小路駅(西口改札)より徒歩15分
URL https://me-beru.co.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。