椅子にこだわった魅力的なオフィス

0120-1777-55

携帯・PHSからは06-6951-1036

椅子にこだわった魅力的なオフィス

椅子にこだわった魅力的なオフィス


 椅子に座った姿勢は思っているよりも体に負担がかかります。オフィスを新たに作りあげる際は、椅子などのオフィス用品にもこだわってみてください。社員に自分たちのことを考えてくれているという意思表示ができるので、社員も自然と会社に貢献しようと前向きな姿勢が生まれます。

座っているのになぜ疲れる?

 座っている時のほうが立っている時よりも、腰の椎間板にかかる負荷が約40%も増えると言われています。人間の背骨は進化の過程でS字状になり、座るとS字状が崩れアーチ状になります。その為、腰や椎間板への負荷が大きくなるのです。つまり、立っている時よりも座っている時の方が、直にダメージを受けやすいということが言えます。このことから疲れる、腰を痛める、内蔵を圧迫するなどの様々なトラブルが起こりやすくなるのです。

椅子が合わないことで起こるリスク

 現在は多くの企業がパソコンを使用しており、朝から晩までデスクワークをしている方がほとんどです。業務中に合わない椅子を使い続けると、疲れ、腰の痛み、肩こりはどんどん増していきます。オフィス用品が合わず体調不良になったという理由は、現代の体調不良の原因の一つにもなっています。そしてこの体調不良は本人だけの問題だけではなくなっています。経済学者によれば企業側にも1年間に約1兆円の損失が出ると推測されているようです。
よって、オフィス用品が健康にもたらす影響を考えて、快適なオフィス環境を整える必要があります。

理想的な椅子の条件

 正しい姿勢で座る続けるためにも背骨がS字状のカーブを維持できる椅子を選ぶことが大切です。また、体圧が適正に分散される椅子を選ぶこともポイントです。体圧分散とは椅子と体の接触面積を広げることで、体の表面にかかる圧力を減らすことをいい、椅子の種類によって変わります。高さや背もたれの角度が調整でき、肘掛けのある椅子を選ぶと良いでしょう。椅子の調整時の際は、机の高さが椅子に座って、キーボードに手を置いた時に肘が90度になるくらいの高さが理想的です。


 当社は大阪や東京首都圏エリアでオフィス内装工事・間仕切り工事・オフィス移転などを行っています。間仕切り工事では空間を効果的にレイアウトできます。内装工事や間仕切り工事などの工事費用のお見積もりは無料ですので単価や価格を確認したいという方は、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。