オフィスレイアウトで重要なゾーニング

0120-1777-55

携帯・PHSからは06-6951-1036

オフィスレイアウトで重要なゾーニング

オフィスレイアウトで重要なゾーニング


 オフィスには、エントランス、応接室、会議室、簡易ミーティングスペース、社長室、など様々なスペースがあります。スペースによって用途が異なりますので、オフィスレイアウトを行う際は、用途や機能に考慮して行う必要があります。こちらでは、オフィスレイアウトを行う際に重要な、ゾーニングについて紹介しています。

ゾー二ングとは

 オフィスの空間を、用途や機能別にまとめ、業務効率などを考慮して配置していくことをゾーニングと言います。また、ワンフロアのオフィスレイアウトの際に行う、水平高のゾーニングはフロアゾーニング、ワンフロアではなく、オフィスが複数の階に分かれている場合に行うゾーニングをバーチカルゾーニングと言います。ゾーニングを行う際は、スペースの機能が最も効率良く発揮されるような配置にすることが大切です。

ゾーニングの考え方

 オフィスには来客や業者などが自由に立ち入ることができるゾーン、社内のスタッフのみが利用するゾーン、来客とスタッフが共有で使用するゾーンと大きく分けて3つのゾーンがあります。各ゾーンで用途や機能が大きく異なるため、全体のバランスを考量してゾーニングを行わなければいけません。
 そのため、各ゾーンの用途や機能を正確に把握し、関係性の深いゾーンを隣接させ、関係性が低く、また、セキュリティ上隣接すると問題が生じるゾーンを離して配置していくことが大切です。ゾーニングを上手く行うことができれば、オフィスレイアウトも成功させることができ、上手く行うことができなければ、オフィスレイアウトも失敗するでしょう。つまりゾーニングはオフィスを作り上げる上で、最も重要と言っても過言ではありません。


 大阪に所在する当社では、オフィスレイアウト、オフィス移転、オフィス内装工事など、ワンストップでオフィスのプロデュースを行っています。お客様のご要望をヒアリングし、お客様にご納得いただけるプランを作成いたします。お見積もりは無料ですので、オフィスレイアウトや移転にお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。