オフィス内装工事における色彩選定

0120-1777-55

携帯・PHSからは06-6951-1036

オフィス内装工事における色彩選定

オフィス内装工事における色彩選定


 オフィス内装工事を行う際はオフィスの色彩に気を付ける必要があります。好きな色だからと、計画を立てずにデザインをしてしまっては、快適なオフィスを作り上げることはできません。しっかりとした色彩計画を立てることで、より快適なオフィスを作り上げることができます。

色彩計画の目的

 色彩計画は、オフィスをカラフルにするという目的ではなく、色彩によって快適に仕事が行える空間を作ることを目的としています。どこに、どのような色を配置すれば、どんな作用が働くのか、しっかりと考慮することが大切です。オフィスは従業員の方が1日の中で、多くの時間を過ごす場所です。オフィス内装工事をする際は、効率性、リラックスできるかなどを考慮して色彩計画を立てることが大切です。色彩計画は、基調色、配合色、アクセント色の順番に計画を立てていきます。


色彩の選定

基調色(ベースカラー)

 色彩の選定を行う際に、一番初めに行うのが全体のイメージとなる色、基調色の決定です。配色の基本となるため、非常に重要な色になります。基調色の選定が、全てを決めると言っても過言ではありませんので、コンセプトに合っているか、オフィスで働く従業員の意欲にどのような影響を及ぼすかなど、様々なことを考慮して決めていくことが大切です。基調色の占める面積は、全ての色彩の中でも一番大きくなります。

配合色(アソートカラー)

 基調色に合わせる色のことを配合色と言います。基調色に比べ面積は少なく、全体の20%~40%程が平均的な面積です。基調色との統一感を持たせるため、同一色相配色などを使うことが多く、コントラストで変化をつけていきます。

強調色(アクセントカラー)

 強調色は、強調したい場所に使用されます。全体を引き締める役割を担っているため、基調色との色相差をつけた色を使用します。面積は小さく、多くても10%程度とされています。


色の効果とは

 清潔な印象を与える白は、パーテーションや机などに多く使用されています。また、膨張色でもあるため、広さを感じさせたい場所で使用されることが多いです。

 リラックス効果が期待できる、刺激の少ない色です。壁紙などに緑を使用することで、デスクワークを行っている方がふと視線を上げた際に、リラックスでき、脳をリフレッシュすることができます。

 やる気や挑戦と言った強いエネルギー持っている色です。気分を盛り上げる効果があるため、小物や椅子など、ワンポイントとして取り入れることで従業員のやる気を引き起こさせ、ポジティブな思考のサポートになります。このように、色には様々な効果があります。オフィス内装工事を行う際は、業種に合った色彩のオフィスデザインにしましょう。

 当社は大阪を中心に、オフィス内装工事、プラン設計、施工まで、ワンストップでプロデュースしています。相場や単価が気になるという方も、お見積もりは無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。