デスクのレイアウトの種類

0120-1777-55

携帯・PHSからは06-6951-1036

デスクのレイアウトの種類

【大阪】オフィスデザインはパーテーション工事に対応する業者へ

~デスクのレイアウトの種類~


 オフィスのレイアウトは作業効率に影響するため、慎重に決めなければいけません。しかし、様々なレイアウトがありますので、どれを選べば良いのかわからない方もいらっしゃるはず。そこで今回は、大阪の株式会社メーベルが、レイアウトの種類についてお伝えしていきます。

大阪でオフィスデザインを依頼するならプランの設計から間仕切り(パーテーション)工事にも対応した【株式会社メーベル】へ

 大阪でオフィスデザインにお悩みでしたら、【株式会社メーベル】にお任せください。【株式会社メーベル】では、オフィスデザインのプランの設計から間仕切り(パーテーション)工事など、すべての業務を一貫して対応しています。オフィスデザインはその企業の印象を決める重要な要素の一つです。そのため、コンセプトを明確にしておく必要があります。【株式会社メーベル】は、お客様のご要望に合わせてプランをご提案いたします。大阪でオフィスデザインを依頼したいとお考えの際は、是非【株式会社メーベル】へご相談ください。

大阪でオフィスデザインの見積なら【株式会社メーベル】へご相談ください

 大阪でオフィスデザインのご相談をお受けしている【株式会社メーベル】では、お客様のイメージをデザイナーと共にヒアリングするため、要望を取り入れたセンスあるオフィスデザインのご提案が可能です。必要に応じて、3Dパースでの完成イメージをご確認いただけます。完成後のイメージをあらゆる角度から確認することで、オフィスの具体的なイメージが掴めます。予算に合わせてご提案いたしますので、費用が気になるという方も安心して見積をご依頼ください。

デスクのレイアウトの種類

 オフィスのレイアウトは、様々なものの配置を決めていかなければいけません。特に、デスクのレイアウトは作業効率に影響してくるため、目的に合わせて配置することが大切です。多くのオフィスで採用されているレイアウトとして“対向式”が挙げられます。対向式は、コミュニケーションを取りやすいという特徴があり、省スペース化が図れるレイアウトです。 コミュニケーションが取りやすいレイアウトには、“フリーアドレス式”というのもあります。指定の席を設けていないことから、好きな席で業務を行うことができます。プライバシー保護を重視したいという場合は、パーテーションなどで遮りデスクを左右逆行で配置する“クラスター型”というレイアウトがおすすめです。他にも、様々なデスクレイアウトがあり、それぞれのメリット・デメリットを踏まえてデザインしていく必要があります。

オフィスデザインはパーテーション工事に対応する大阪の【株式会社メーベル】にお任せ!

~業種で異なるレイアウト~

営業職

 営業職のオフィスデザインで重要なのは、会議やミーティングを自席で行うことが可能であること、かつ資料などの作成に集中できるデスクの配置です。社員は向かい合わせになるデスクの配置とし、マネージャーや部長などはデスクの端など、全体を見渡せる位置に配置することがポイント。加えて、OA機器などは、オフィス内での移動の妨げにならないよう壁面・デッドスペースに配置しましょう。

士業関係

 士業の場合は、社員それぞれが集中しやすいように、執務スペース、クライアントとの打ち合わせるためのスペースなどが確保されていることが大切です。特に執務スペースについては、社員が業務に集中しやすいようにスクール式もしくは背面式でデスクを配置しましょう。

エンジニア

 エンジニア系業務のオフィスデザインで重要なポイントは、「プライバシーを確保しつつ、コミュニケーションを取れる空間」であることです。一人作業を行いながら、社員同士でコミュニケーションをとる、それらのバランスをうまく取る必要があります。


 当社は大阪や東京首都圏エリアでオフィス内装工事・間仕切り工事・オフィス移転などを行っています。間仕切り工事では空間を効果的にレイアウトできます。内装工事や間仕切り工事などの工事費用のお見積もりは無料ですので単価や価格を確認したいという方は、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。